家賃は上と下ではずいぶん異なる

空き部屋

タワーマンションは、大阪府内にたくさんありますが、その中でも梅田や難波の市街地には多く見受けられる傾向もあります。一昔前までは、あまりタワーマンションも存在しませんでした。あったとしても、非常に数が少なくそれほどお目にかかることもなかったはずです。少なくとも、庶民がそのようなところに住むことはあまり考えられませんでした。ところが、時代は移り変わり少しずつタワーマンションも市民権を得るようになってきます。現在では、少し頑張ればマンションに住むことができるようになっています。ただ、同じタワーマンションでも1階か5階ぐらいの部分と最上階では、全く家賃や購入する時の費用が異なります。賃料ならば毎月10万円ぐらいの違いがあることも少なくないでしょう。ちなみに、タワーマンションとは20階建てないしは60メートルほどの高さがあるマンションのことを意味しています。大阪市内でもそれだけの高さがれば、大阪市内を十分に見渡すことができるでしょう。上のほうの階が人気なのは、やはり眺めがよいからといってよいでしょう。プライバシーの侵害などもほとんどなく、外から人に見られるようなこともありません。そのため、大きな窓にカーテンをつけていたとしても、覗かれることはありませんのでほとんどカーテンを閉めない状態が多くなります。そのような解放感にあこがれて、最上階を希望する人が多く、結果的に家賃が高い状態になっています。

どのような目的に利用するか

部屋

大阪のタワーマンションを利用する目的と一つは、生活実態に満足感をいる場合です。住宅に対する考え方は時代によって変わりますが、戦後間もないころはとにかく集合住宅のようなところでもよいので雨風をしのげるところを探していました。やがて日本の経済も上向きになり、高度経済成長の時には夢の一戸建てあるいは夢のマイホームと呼ばれるものが増えてきたわけです。この段階で、戦後間もないころに比べるとプライベートの空間が広くなってきました。このように、少しずつ建物に対して要望が多くなっていくわけです。それから月日が流れ平成の末期になっても建物の広さはそこまで大きく変わっていません。その代わり、デザインを重視したり満足度の高い景色が眺められる住宅を選びたがる傾向が出てきたわけです。つまり、タワーマンションの最上階をめざして借りようとしている人の多くは、自己満足が強いことがわかります。それ以外でも、友達や親せきそして恋人が来たたときに驚かせようとわざわざ最上階に住んでいる人もいます。

中野で良い賃貸物件を見つけるための徹底ガイド!

中野で賃貸の契約を検討しているなら注目!条件に合った物件を多数紹介していますよ。気になる人は見てみよう。

CRP流通サービス株式会社

地元密着で培ってきた実力を見て!地元密着で培ってきた実力を見て!京都府城陽市で探す不動産物件

広告募集中